積立投信

資産状況

2020年6月に購入した積立投信

2020年6月は投資信託を合計10万円分購入しました。内訳は株が70%程度の割合となるように購入しています。今月からはeMAXIS Slim 米国株式(S&P500)とSBI・新興国株式インデックス・ファンドを新たに購入を始めました。
積立投信

ETFのMAXISと投信信託のeMAXIS 積み立てるならどっち?

ETFのMAXISシリーズと投資信託のeMAXIS slimシリーズは何が違うのか。両シリーズの中からMAXIS米国株式(S&P500)とeMAXIS Slim 米国株式(S&P500)の違いを比較し、どちらを積立投資すれば良いかを調べた。
積立投信

積立投信の信託報酬は0.1%単位でもめちゃくちゃ大事

普段買い物をする時は0.1%の差にこだわることはないでしょうが、長期で運用を行う積立投信の場合、その差は将来的に大きなものになります。信託報酬が0.1%と0.2%の時でその差は194万円、信託報酬が0.1%と1.0%の時ではその差は1544万円になっています。
日記

働くのが辛い理系院卒若手社員に伝えたいこと

私は2015年に理系の大学院を卒業し現在の企業に入社しました。しかし働くのが辛いので一刻も早く会社をやめるために資産形成を始めました。就職してみたものの働くの辛いし会社辞めたいなと思っている理系院卒若手社員の方は、いますぐ将来の資産形成を開始することをオススメします。
FIRE

準富裕層を目指して具体的な資産形成計画を考えました

30歳から積立投信を行って何歳の時に準富裕層の基準である金融資産5000万円を達成できるかを具体的計算を交えて説明します。
資産状況

2020年5月末 投信残高 2,718,641円(前月比+152,845円)

2020年5月末の投信残高は¥2,718,641円(前月比¥152,845円) でした。
投資

株式相場が暴落した時に取るべき最善の行動とは

株式相場の暴落は数年に一度は必ず起こります。そのような暴落の時に取るべき最善の行動とはなんでしょうか。今回は私の持論というか、これまでの歴史からまとめみました。
FIRE

1億円をためるために必要な積立額と年数を計算してみました

FIREを達成するには年間支出✕25年分の資産を形成すれば良いと言われていますが、これを考えるにはインフレ率とか資産をどのように取り崩すとか、考えてないといけないことが多いです。いろいろ難しいことを考えるのは面倒なので、とりあえず1億円の資産を持っていたらなんとかなるだろうという考えのもと、毎年どれだけの積立を何年間行えば1億円を達成できるのかを試算してみました。
積立投信

毎日積立と毎月積み立て、どっちがお得か計算してみた

SBI証券や楽天証券では、投信の積み立て日を毎日にまで設定できます。はたしてどっちで積み立てるのがお得なのか、シミュレ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました