大邸空港でSKTのプリペイドSIMカードを購入する方法

海外に出張や旅行で行った時に一番大事なのってなんでしょうか?個人的にはインターネット環境が一番大事だと思います。

連絡を取ったり、観光スポットを調べたり、地図をみたり、移動中の暇をつぶしたり…
とにかく今の時代、海外であってもインターネットから切り離されることはできないと思います。

てことで今回は、超ピンポイントな情報になりますが、大邸空港でプリペイドSIMカードを購入する方法を紹介しようと思います。

韓国で購入できるSIMカードは何がある?

大邸空港でのSIMカード購入方法について紹介する前に、簡単に韓国の携帯事情についてです。

韓国にはKT/SKT/LG の携帯会社があります。韓国国民の間ではKTは都市部に強いとかSKTは田舎に強いとか、日本で言うところのdocomoは山の頂上でも繋がる的な感じで、いろいろ言われているみたいです。

私はKTとSKTを使ったことがありますが、どこでも繋がりましたし、新幹線に乗っててもLTEで100Mbps超えも出たことがあるので、短期で韓国に行く場合はどこの携帯会社を使っても問題ないと感じています。

そもそもなんで大邸空港?

そもそもなんで大邸空港でのSIMカードの購入方法を紹介するかというと、私が調べた限り、インターネットに載っている既存の情報ではわかりにくかったからです(笑)。

金浦空港や仁川空港、釜山空港は画像つきで丁寧に解説されているのに、大邸空港はそういった情報がほとんど見つかりませんでした。たぶん、大邸空港を利用する日本人が少ないからなんでしょうね。

大邸はご飯が美味しくて結構いいところと思うんですが、韓国旅行何十回も行っている人でも行ったことがなかったり、意外と知られていないのかもしれません。

てことで、前置きが長くなりましたが、大邸空港でSIMカードを購入する方法を紹介しようと思います。

SKTのSIMカードの料金体系と注意点

まず、大邸空港で購入できるSIMカードはSKTのみです。KTやLGのSIMカードは売っていませんが、SKTは田舎に強いと韓国国民の間で言われてるので問題ないでしょう。

料金プランは表のようになっています。有効期限は時間単位で区切られていて、利用開始した時間から○時間使用可能ということになります。

例えば1日(24時間)プランなら、1月1日の13時に利用開始したら1月2日の13時まで利用可能です。開通作業をするとSMSで利用可能な期間をお知らせしてくれるので、それを確認しましょう。

なお、データ通信量の制限はなくLTE使い放題です。いくら使っても通信速度が遅くなることはありません。

ちなみに注意点として、電話発信やSMSは利用不可になっています。海外行って国際通話をする人は今の時代少ないと思いますが、念の為ご注意ください。

有効期限料金
1日(24時間)6,600ウォン
3日(72時間)18,000ウォン
5日(120時間)27,500ウォン
10日(240時間)38,500ウォン
20日(480時間)60,500ウォン
30日(720時間)71,500ウォン

大邸空港でSIMカードを購入する方法

まず、入国審査を終えて1階に到着したら、国内線到着ロビー側にあるエスカレータで2階に上がります(到着ロビーを出て左側に進んでください)。

そして、エスカレーターで2階に上がって後ろを向くと、写真のようなSKTの受付があります。ここでSIMカードを購入できます。

受付の人によっては日本語の通じる時もありますが、カウンターにはプラン毎の日数と料金が表示されているので、日本語が通じなかったら指差しながらジュセヨといえばOKです。

購入したいプランを無事伝えることができたら開通作業です。料金を払うと受付の方がSIMカードを渡してくれるので、その場で開通作業を行いましょう。わからない点があっても日本語の説明書を渡してくれるので大丈夫です。

その場で開通作業を終えて、無事ネットワークに繋がることを受付の人と一緒に確認したら終了です。たまにキャンペーンをやっているのかカップラーメンを渡されることもあります(笑)。

個人的感想なんですが、普段からお客さんが少ないのか、他の空港の受付とは違ってなんだかフレンドリーな感じがしました。

SKTのプリペイドSIMカードを使ってみた感想

大邸空港を利用する前は金浦空港や釜山空港でKTのプリペイドSIMカードを購入していましたが、個人的感想としてはその2社に比べてSKTの方が繋がりやすい気がします。

具体的には、KTに比べて建物内でも繋がりやすい気がしました。使用している周波数がKTと違うからなのかもしれませんが、詳細を調べたわけではないのでわかりません。

それと通信速度に関して、通信速度の方はLTEなのでYou TubeでHD動画を見ても全く問題ない速度が出ています。速度測定をやってみたら常時30,40Mbps、調子が良い都市部だと100Mbpsくらいの速度が出ました。

また、SKTのプリペイドSIMカードはデータ通信量無制限が謳われている通り、速度制限を食らったことは一度もありません。

移動中やホテルのWi-Fiが使えない時には、YouTubeで動画を見たり、大容量のデータ通信を行って使い倒してますが全く問題ありません。

金浦空港や仁川空港でもSKTのプリペイドSIMカードは購入できるのでオススメです。

以上、大邸空港でSKTのプリペイドSIMカードを購入する方法という非常にピンポイントな情報の紹介でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました